2008年12月31日

年末恒例行事(2)

前日に引き続き、恒例行事その2ですスマイル



お、釜が出て、メラメラとが燃えてますね。さてさて、何が始まるのでしょうか。






部屋の机には、こんなものが・・。これらを今から混ぜて捏ねていきますよ~スマイル







韓国製のウィンドブレーカーを着込んで、こねこねしている
この人物は・・おぉ、何とビート@宮崎本人ではありませんかオドロキ本邦初公開ですね~赤面。アヤシーですね~ワーイ







だいぶ、まとまってきましたね~スマイル






のばし棒をを使って・・のびのびのび・・スマイル






均等に、トントントン・・・細く・・細く・・スマイル






パラパラパラ・・ゆでていきますよ。
最初の釜は、これを茹でるためだったんですね~ニコニコ





さて、ゆで具合はどうかなぁ~スマイル






茹であがりを流水で洗ってザルへ上げます。美味しそうですね~メロメロ





出来上がり~拍手正解は年越しそばです拍手拍手

え?最初から分かってたって?オドロキ

ですよね~ニコニコ
皆さん、もう食べましたか?

我が家の年越しそばは、今年も美味しくできましたよ~ニコニコ


さて、いろいろ変化の大きかった今年一年でしたが、
来年こそ、いい年でありますようスマイル


来年も、よろしくお願いしますね~。
  


Posted by 朱ビート@宮崎 at 20:25Comments(5)ビート以外

2008年12月30日

年末恒例行事(1)

毎年この時期、我が家では恒例行事が二つありますスマイル

全自動餅つき器や、市販商品全盛のこの時代に・・




で、お餅つきです拍手





蒸したもち米を・・





ぺったんぺったんニコニコ従姉妹も一緒にぺったんぺったんワーイ





出来ましたスマイル
つきたてです拍手





ちぎって、あんこを入れて、丸めて・・・





出来上がり~メロメロ




もう15年以上オドロキ続いている恒例行事です。

つきたてのおもちはとても美味しい~。
杵と臼で作ったおもちは、煮溶けることもありません
柔らかくて、ねばりのある美味しいおもちが出来ました。


明日の年末恒例行事(2)へ、つづく・・
  


Posted by 朱ビート@宮崎 at 18:08Comments(6)ビート以外

2008年12月29日

それでは正解です(笑)

例のロゴを発見しましたスマイル昨日のステッカーと同じですね。


もう少し引いてみましょうニコニコおでこの広い方でしょうか?


では・・もうちょっとだけ引いてみましょうスマイル



↓



↓



↓



この人でした~ニコニコはい、稲垣潤一さんですね。


皆さん、分かりましたか~?

  


Posted by 朱ビート@宮崎 at 14:01Comments(5)ビート以外

2008年12月28日

アーティスト当てクイズ(笑)。

この投稿のコメント欄で、正解への
大きなヒントとなってしまったステッカー。

アップで撮影カメラしてみました。当時、こんなステッカーは、発売されてなかった為、
私がカッティングシートを切り抜いて作った、完全オリジナル品スマイル


もし、どこかで、赤いビートを間近で見る機会があって、
フロンガラスの左上に、このステッカーが貼ってあったら・・
それは、ビートですニコニコ

この!みやchanの面汚し!って、石を投げないでね泣き


さて、またもや問題です。
ズバリ、このステッカーは、誰のロゴ?マーク?でしょう。

イニシャルをイメージ化した感じですから、
マツトウヤユミのMとYを重ねたもの・・とか、
ハマサキアユミのHとAを重ねたもの・・とか、
オレンジレンジのOとRを重ねたもの・・とか・・と、
考え方は同じですニコニコ

難しいかなぁ・・。

分かる人はすぐに分かっちゃうんだろうけどね。
  


Posted by 朱ビート@宮崎 at 11:50Comments(2)ビート

2008年12月27日

無事、一ヶ月感謝です(^^)/

今日、27日で、みやchanにブログを立ち上げてから
ちょうど一ヶ月が経過しましたクラッカー

私の予想を大きく上回る多くの人に来て頂き感謝感謝です。 




2008年12月27日15時40分現在のアクセス数
何と、2000越えオドロキ本当にありがとうございます。



また、多くのコメントも頂いて嬉しさ2倍チョキですね。
ちなみに・・数日前のことなんですが、ジャスト100を踏んだのは、
この投稿にコメントを頂いたHitomiさんでした拍手

多くのコメント、ありがとうございますスマイル




これからも頑張ります力こぶね~。
  


Posted by 朱ビート@宮崎 at 15:49Comments(4)ビート以外

2008年12月26日

プロデュース(裁断編)

こんなボロボロが、こんな風に脱がされ
準備を経て、やっとここまで来ましたスマイル



乾燥晴れ後、取り外したのがこれです。エッジのふくらみがちゃんとありますねニコニコ


スピーカー本体と接着する為、
中央を丸く切り抜きます。



かぶせてみましたスマイル



さて、いよいよ接着して、ついに完成ですニコニコ


次回、接着完成編まで、サービスサービスぅ~ワーイ
  


Posted by 朱ビート@宮崎 at 15:54Comments(0)ビート

2008年12月25日

ネコ!Cat!猫!ねこ!

皆さん、昨日は、素敵なイヴの夜カクテルを過ごされましたか?

さて、次男がどうしても行きたい・・と言うもので、
ネコカフェ”うたたね”へ行ってきましたスマイル


そこには・・


こんな威風堂々オドロキとした方や・・





こんな愛くるしい表情ワーイをされる方・・・





こんな不可思議な寝方ガーンをする方・・まで・・


いろんなネコちゃんがいっぱいでしたよニコニコ



こんなところです。
600円のジュースを買って、
40分間、ルームでネコちゃんとネンゴロにメロメロ

行った方も多いでしょうね~。

ネコちゃんの画像、まだ、撮影してますんで、
折を見て、またアップしますね~。




ネコと遊んだ後は、ちょっと遅めのお昼ご飯ですスマイルすぐ近くの「おくのうどん」へ行きましたニコニコ

このうどん屋さん、昔は、「吉長うどん」って名前だったんですけど、
どういう大人の事情か、類似品のうどん屋さんが乱立して、
とうとう、名前が変わってしまいました。。

一度だけ、類似品のうどん屋さんで食べたことがありますが、
ここのうどん屋さんに通い続けて21年・・
似て非なるもの・・で、美味しくありません・・。
ですので、類似品を食べたのはそれが一度きりで、
これからも私は、ここのうどん屋さんに通い続けますチョキ
私の中では、「吉長うどん」は、ここだけですので。



さて、注文したのは、玉かうどんと、おいなりさん2個の組み合わせ。ここに通い続けて21年。
この組み合わせ以外は注文しませんニコニコ

昔は、私の顔を見ただけで、注文しなくてもこの組み合わせが
出てきていたのですが、そのおばちゃんは、辞めちゃいました泣き




完食です拍手ここのうどん屋さんの、この味でこの価格・・
に敬意を表して、いつも最後の一滴まで食べ尽くします。

食べ終わった後、カウンターに食器を戻す時、
「ごっそさまでしたぁ~」と言うのも、いつもの習慣です。


こんなに美味しいうどんを、こんなに安い価格で
提供してくれてありがとう~って感謝の気持ちですねスマイル
  


Posted by 朱ビート@宮崎 at 11:50Comments(4)ビート以外

2008年12月24日

完成~!!

さっき完成しました~拍手総額1356ニコニコ
写真では見えませんが、中には、イチゴがたっぷりです。

市販のスポンジ台、2割引のイチゴパック、純乳脂の200ccパック
半額の、クリスマスバージョンのチョコレートセット等々メロメロ

まぁ、シロートの自家製ケーキですから、
見かけが悪いのは許してね~赤面

さて、今からケーキカットケーキだよ~。


みんな、素敵なイヴの夜をねカクテル

  


Posted by 朱ビート@宮崎 at 21:22Comments(6)ビート以外

2008年12月24日

大変な事態。。

今日は、本来アップする予定だった記事に替えて
ショッキングなニュースを取り上げてみたいと思います。
回顧録的な要素もありますので、長文になります。

クルマに興味のない人は、読み飛ばして下さいね。


トヨタ初赤字150000000000円・・・とんでもない数字です。

でも、もっと驚くのは・・前期(’08年3月)は、
2270300000000円の黒字だったことですね。

その差、実に、
2000000000000円以上!

もう・・その桁が合っているかさえ分からない数字です。。

輸出産業である自動車産業が、輸出先でコケると、
あの大トヨタでさえ、赤字に転落するのですね。。
実に、59年ぶりのこと・・だそうです。



私の父の時代は、トヨタを選んでいれば安心・・的な
考えがあったと聞いていました。
その考えは今も変わることなく、私の父は、
今もずっと、トヨタ車に乗り続けています。



日本のモータリング黎明期は、トヨタ・日産のビッグ2がしのぎを削る
素敵な時代だったのでしょうが、今はトヨタの独壇場で見る影もないですね。

私の父は、パブリカ、そして、スプリンターを何台も乗り継ぎ・・
子供の時の私の生活は、いつもトヨタ車と一緒だったと言えます。

ただ、私自身は、その中庸というか、尖ったところのない
トヨタのクルマ造りが、どうにも好きになれず、
私が自分の意志でトヨタ車をチョイスしたことはありません
(ただ1台、強烈に感動したクルマがありましたが、それは後述)。


「竹を割ったような性格のクルマが好き」

これは、私が中学生の時、言っていた言葉です。

当時、カープラザ(三菱のチャンネル)から、
ミラージュが新発売され、まだクラッチ操作さえ知らない子供が、
販売会社へ、カタログをもらいに行きました(笑)。

宮崎神宮の西側の広場である、各メーカーの新車展示会で、
出たばかりのパステルグリーンのRX-7を前に、
三脚を立てて撮影していたガキは私です(^^;

強烈な個性を持ち、かつ、乗り手を選ぶ・・
そういうクルマが好きでした。

ですので、私の一番身近にあるトヨタ車には・・
まったくと言っていいほど、興味がなかったのですね。



私のクルマ好きの原点はどこにあるのだろう・・
以前、考えたことがあります。

幼稚園生の頃から、自他とも認めるクルマ好き
(当時の連絡簿に、朱ビートちゃんはとても多くの
クルマの名前を知っていて驚く・・との記述が)だったようで、
昭和40年代のクルマを見ると甘酸っぱい感覚があります。

記憶の中で、強烈な印象を残しているのは、

『マッハ号』

ですね。

これは、もう・・画期的というか、今見ても惚れ惚れするデザイン。
マッハ号って・・左ハンドルだって、みなさん知ってました(笑)?

オープン2シーター・・ビートの原体験だったのかも知れません。



そんなセピア色の時代も、私は、トヨタ車でどこかに出掛け、
家族との思い出を作り、クルマは文句を言うことなく、
私たち家族を幸せにしてくれていました。

クルマを持つことは富の象徴であり、
隣のクルマより、ホンのちょっとだけ排気量がデカいことが、
ホンのちょっとの優越感につながることだったり・・
高度経済成長は、人もクルマも幸せな時代だったのでしょう。

さて、二度のオイルショックで、クルマ産業は、
一時期の高成長は期待出来なくなりました。

その中でも、トヨタは、ツインカム(カムを二つ持つ高出力エンジン)を
作り続け、ファミリーカーだけでなく、スポーティーカーも
手堅く作り続けていました。



多様な価値観が認められるようになってきた80年代、
独自の安定路線を進んでいたトヨタに変化が見られます。

このあたりから、トヨタは、時代を先取り・・というか、
時代を作っていくリーダー的な要素を持ち始めたようです。



ああぁ、書きたいことが多すぎて長文になってしまう。。
スイマセン、トヨタ大赤字の本文に、なかなか進めません。

ですので、今日はここまで。。

続きは、また次回、書き進めます。
  


Posted by 朱ビート@宮崎 at 11:50Comments(0)ビート以外

2008年12月23日

昔の衣装(^^;

ちょっと恥ずかしいけど・・赤面



昔の衣装ですタラーッ長年のホコリも溜まってるし・・
何より、ずっと着ていた衣装・・エッジがボロボロです泣き





もっと近づいてみてめがねみると・・恥ずかしい部分がモロ見え・・ガーン



新しい衣装との比較があったほうがいいな、
と思って、恥ずかしながらお見せしました赤面

  


Posted by 朱ビート@宮崎 at 11:50Comments(0)ビート

2008年12月22日

仲良く?

ある日のビートスマイル


仲良く2ショットですニコニコ当たり前だけど・・うり二つですねニコニコ


学生時代からの友人宅でパチリカメラ


さて、問題です。
ビートはどちらでしょうニコニコ


答えは・・おわかりですね赤面
  


Posted by 朱ビート@宮崎 at 11:50Comments(5)ビート

2008年12月21日

プロデュース(加工編)

プロデュース(準備編)からの続きです。


いよいよ、本格的な加工に入っていきます。

コーキング剤を適宜搾り出し、ラッカー薄め液で薄めていきます。
硬さは、歯磨き粉より柔らかい程度
でも、それが正しいかどうかはよく分かりませんので、
まぁ、好き好きで調節してください。

ラッカー薄め液は、好きハートな人でない限り、かなり強烈なにおい叫びがします。
室内で作業される方は、換気にご注意下さいね。


コーキング剤をラッカー薄め液で溶かしたものを、
筆で、トレーナー生地に塗り込んでいきます。出来るだけ均等に、ムラが出来ない様に塗って下さい。


画像を見ればある程度分かると思いますが、
スプレーのりで貼り付けた生地は、ラッカー薄め液の影響で、
のりの効果がなくなるのと、揮発ガスのせいで、段々膨らんできます。


浮き上がった状態のままでは不都合がありますので、
秘密兵器を作って押し込みます(^^;これは、ラップフィルムを巻いてあるだけです。
(ラップフィルムはポリエチレン製のものが多く張り付きません)


中心(ウーファーの内径)と、周り(フレームの内径)のサイズに切り抜いた
ダンボールをガイドとして当て込みます。周りのダンボールにもラップフィルムが貼り付けます。


回りのラップフィルムを切り取るとこんな感じ。上から平らな板を当てて、重石をかけます。


そのまま、一日乾燥晴れさせましょうスマイル


そろそろ、終点が見えて来ました。
次回、裁断貼り付け編まで、引き続きチャンネルはそのままテレビ!  


Posted by 朱ビート@宮崎 at 11:50Comments(2)ビート

2008年12月20日

グッド!グッド!グッド!

作業着手現場風景記録写真集組み立て作業が終了し、
いよいよ、ビートに取付です拍手


まずは、取付前スマイル



取り外しましたニコニコ



組み込み完了オドロキ


細かい取り外しと取り付けの説明はないから、
詳しく聞きたい人は、コメントかメールで聞いてねスマイル


さて、大切なのは、電解コンデンサを替えたことで
どんな風に変化があったのか、ということ。

変化が感じられた部分を箇条書きにすると・・

(1)全体的な音量が大きくなった。
(2)少し左側にシフトしていたバランスが中央になった。
(3)各スピーカーからの出力が整った。
(4)音の分解能が向上した。

等々・・。

順番に細かく説明していくと・・

(1)今まで普通に聞く音量は、大体-28dBぐらいだったのが
交換してからは、-42dBぐらいになりました。
-28dBまで上げると、結構な音量でうるさいぐらいワーイ

(2)今まで、助手席側寄りにセンターがあって、少し右側に
バランスを調整して、センターに合わせていました。

(3)は、ちょっと説明が必要ですね。
ビートのスピーカーは、最大で3チャンネルあります。
まずは、左右のドアスピーカー。そして、左右の
ダッシュボードスピーカーと、背中にあるセンターウーファーです。

ダッシュボードスピーカーは、ちょっと特殊で
わざと逆位相(+と-を逆に繋いである)にして、
サラウンド的な効果を狙っています。

そのため、バラしてみると、その配線は複雑怪奇です叫び

まぁ、それはともかく、そのお陰で、まるで車内を
音が包み込むような効果を得ることが出来ます。

今までは、ドアスピーカーが強くて、音は、ヒザよりも
少し下のあたりから、聞こえてくる感じでした。

交換後は、音像の位置がグッと上にあがり、
正面を向いていれば、あごの上あたり、
頭の向きによっては、音源は耳の高さピッタリオドロキ

まさに音に包まれる感覚ですニコニコ

(4)各スピーカーが持てる力を発揮することにより、
音のつぶというか、各楽器やボーカルがしっかりと
聞き取れるようになりました。

その結果、音像の位置の精度が高くなり、
(各楽器とボーカルの位置が聞き分けやすくなり)
久しく忘れていた、ビートで音楽を楽しむ・・
ことが出来るようになりました。

ドアスピーカーは、オークションで、サビだらけの
ボロボロのヤツを500円で競り落としたモノなのですが、
いやいや、どうして、エキサイティングな音を聞かせてくれます。

CDチェンジャー、10年ぐらい同じものが入りっぱなしなんだけど、
これなら、いい音で音楽が楽しめそうです。

チェンジャーのCD入れ替えなきゃワーイ
  


Posted by 朱ビート@宮崎 at 11:50Comments(0)ビート

2008年12月19日

プロデュース(準備編)

その続きが待たれていた、え?誰も待ってないってニコニコ?

まぁ、そう言わずに。。スマイル

本人とその勤務先に関する、プロデュース「準備編」です。


素っ裸のまま放置された彼女、どんな服が似合うでしょうかキョロキョロ

お顔が黒なので、やはりお似合いは、
黒のフォーマルじゃないかと思うんです。

そこで、私は、生地の素材選びから始めました。

目をつけたのは、これ。


↓



↓



↓





う・・ウエスオドロキ?


はい、そうです。
着古して、ウエスになる運命だった、このトレーナーを使います。

繊維が十分に柔らかくなり、素材としてバッチリですgood


このトレーナーを、チョキチョキチョキ・・チョキ
こんな風に切り出しました。素材選びはこれで完了です。


次は、この素材を彼女の体型に合わせて
加工、そして、裁断するための準備です。


私がプロデューサーとして使う道具は以下の通り。左上からコーキングガン、そしてコーキング剤(ブラック)、
ラッカー薄め液バックアップ材(φ8mm)、汎用ボンド
多用途ボンド(シリコンを接着出来るもの)、絵画用筆です。

バックアップ材は、ホームセンターで入手出来ます。
私は、セキスイのライトロンロッドを使用しました。
1mもあれば十分でしょう。

また、この他に、スプレーのり15cm×15cm以上の板が必要です。



さて、まずライトロンロッドを水平に正確に割いて
汎用ボンドを使い、土俵のようなベースを作ります。

正確に半分に割れば、単純計算で半径4mmですが、
ふくらみが少々足りないことが分かりましたので、
5mmの高になるように切ってあります。
ここは、ちょっとだけウデの見せ所ですgoodこのベースの精度が、そのまま後々の精度に響いてきますので、
作る際は慎重に、凸凹が出来ないように頑張って下さいスマイル

ベースが出来たら、全体的に、ちょっと強めのスプレー糊を吹き付けます。
私は、住友3Mのスプレーのり55を使用しました。


ここまで用意が出来たら、先ほど切り取ったトレーナー生地をペタッ! 
空気が残らないように貼りつけて・・で、こうなります↓
さぁ、これで、準備は整いました。
次回、加工裁断編まで、チャンネルはそのままテレビ!

  


Posted by 朱ビート@宮崎 at 11:50Comments(2)ビート

2008年12月18日

元に戻そう(^^)/

昨日の作業の続きですスマイル

まずは、スカイサウンド120wのユニットを並べてみました。右下が、修理した基板です。
一番左が、スカイサウンド本体ですね。


最初に、その基板を組み込みましたニコニコネジ4本で締め付けて、ケーブルを二カ所差し込みます。


次は、カセットデッキ部オドロキの組み込みです。このブログを見ている高校生諸君、
カセット?
なんて笑っちゃダメだよちっ、ちっ、ちっ
君たちが生まれた赤ちゃん17年前、
まだまだ、カセットテープはとても重要なメディアだったのだよ音符

当時、私のお気に入りだったmaxellのXLⅠ-Sと、
NakamichiのBX-150の組み合わせは、
同時に再生させた音源のCDと、カセットテープの音質の差が、
まったく聞き分けられないオドロキぐらいの凄まじさだったのだよちっ、ちっ、ちっ

おっと、話が横道にそれてしまったガーン


最後に天板をネジ止めして完了です拍手今日はここまでパー


次回、いよいよビートに取り付けて、実際に音音符を出してみます。

うまく鳴ってヘッドホンくれるといいけどなぁワーイ

  


Posted by 朱ビート@宮崎 at 11:50Comments(6)ビート

2008年12月18日

ちゃっかり(^^;;;

ゲットしちゃいましたニコニコ





1 2 3 4拍手

  
タグ :1234


Posted by 朱ビート@宮崎 at 10:04Comments(5)ビート以外

2008年12月17日

作業着手現場風景記録写真集(^^;

さて、道具の手配待ちで遅れていた電解コンデンサの交換作業ですが、
早速、着手することにしましたニコニコ


まずは、古くなった電解コンデンサの取り外しです。ハンダ吸い取り器を使い、溶かしたハンダを
きゅぽん!と、吸い上げます。
左の穴二つは、既に取り除いた跡ですねスマイル


全部、取り外したら、今度は新しいコンデンサのハンダ付けです。手早くダッシュ、ササッ!拍手

あまり時間時計をかけすぎると、電解コンデンサに半田ごてのが伝わり、
部品そのものがで壊れてしまいます叫び

細かい作業ですアセアセ


ハンダ付け終了直後の基板裏側カメラまぁまぁ、綺麗ピカピカな仕事が出来たかなニコニコ


アップカメラはこんな感じ。余った針金の部分は・・
ちょっきんチョキ


表から見てみましょうスマイルほら、どこを替えたか分からないでしょニコニコ


17年間、ずっと頑張り続けたOBの皆さん拍手やつれ果てた姿の中にも、
何だか、安堵感も感じませんか?



作業は終了しましたが・・全てが終わったわけではありません

この基板はスカイサウンド本体に戻して組み上げます。


その後、ビートに設置して・・
ちゃんと音楽音符が聴けるヘッドホンのか?

まだまだ、道のりは長いのでした。。タラーッ

  


Posted by 朱ビート@宮崎 at 11:50Comments(2)ビート

2008年12月17日

これって価値ある(笑)??

ゾロ目スマイル



昨日から今日にかけてビックリの連続ですニコニコ

みなさんのおかげですね。



次は、1234狙いメロメロ?

  


Posted by 朱ビート@宮崎 at 07:51Comments(2)ビート以外

2008年12月16日

勤務先のご紹介(^^)/




裸の私赤面は、ここに勤めています。
○の部分で、ドライバーの背中を見つめながら・・
ひっそりと、低音の魅力をお伝えしていました。。赤面


でも、ボロボロになった衣装では・・満足な仕事は出来ません泣き

もうすぐ・・素敵な衣装ピカピカを着させてもらえるはずです。。
  


Posted by 朱ビート@宮崎 at 11:50Comments(2)ビート

2008年12月16日

一瞬の輝き??

今朝、趣味カテゴリのランキングも見てみたら・・
なんと、第3位オドロキ?

すごいですねぇ~。
どうしたことなんでしょうねぇ~。

多分、一瞬の輝きピカピカで終わるのでしょうワーイ

でも・・このランキング・・って・・
いったい何のランキングなの?

アクセス数?それとも、投稿数?

まぁ、上位お二人拍手の先輩方を超えることはないでしょうから、
記念に、投稿しましたニコニコ

いい思い出になることでしょうスマイル
  


Posted by 朱ビート@宮崎 at 09:11Comments(2)ビート以外

2008年12月16日

あぁ・・残念。。

今朝、全てのアクセス数を見てみたら・・

あぁ・・残念。。
キリ番の1000を見逃してしまった泣き


昨日の夜は960ぐらいだったから、早起きすれば
ジャスト1000を見られるだろうと思ってたのに。

でも、私の予想を超えるオドロキアクセスを頂き、感謝感謝ですニコニコ

ブログを初めて、今日で19日拍手
無事アクセス数1000を突破出来ました。
これも皆さんのおかげです。

ありがとうございます。

これからも、一日一投稿を目標に頑張りますねスマイル

  


Posted by 朱ビート@宮崎 at 06:47Comments(2)ビート以外

2008年12月15日

やっと、来たぁぁ~!

12月10日にお話ししていた、ハンダ吸い取り器スマイル
やっと、来ましたよ赤面

半田ごてで溶かしたハンダを、これで、きゅぽん!と吸い取っちゃいます。


送料込みで650円金貨、安過ぎですgood



さてさて、早速、手術に取りかかりましょう。


でも、今日はこれまでニコニコ

作業状況はまた次回・・ねぇ~アセアセ
  


Posted by 朱ビート@宮崎 at 11:50Comments(4)ビート

2008年12月14日

宇多田ヒカルとの怪しい関係(^^;

宇多田ヒカル音符とビート車に、怪しい関係があった・・
って、知ってました?


アシ

アシ

アシ




実は・・・


『wait&see ~リスク~』
の、プロモーションビデオテレビ内で、ビートが使われてるんですオドロキ




では、見てみましょうスマイル



↓


↓


↓


↓





ホンの一瞬だから見逃さないでねワーイ



どうです?すごいでしょ!







おいおい・・何度見たって、ビートなんて出てこないぞフンッ


あら?分かりませんでした??


おかしいなぁ・・。



じゃあ、出ている部分をご説明しますねスマイル




彼女が、ナゾの乗り物に乗る直前、カバーをめくった直後・・・

コックピット内のランプが次々に点灯して・・
ふたつの丸いメーターがピカッピカピカ



おおおぉ~オドロキ

こ、こ、こ、これは、紛れもなくビートのメーターオドロキ!
(ビデオクリップ開始約14秒後)



はい、お怒りムカッはごもっともですね。。

おっしゃる通り、ビート乗りにしか分からないネタでしたワーイ
  


Posted by 朱ビート@宮崎 at 11:50Comments(4)ビート

2008年12月13日

はだか。。

滅多に見られない姿をお見せします。。





ヌード・・


















きゃっワーイ




ほら・・、すっぽんぽん赤面


脱がせる部分を全部脱がせたら・・
こんなに美しい裸を見せてくれました。


実は彼女、17年間紫外線晴れを受け続けて、
身にまとっているエッジと呼ばれる部分が
ボロボロになってしまいました泣き



ですので、私のプロデュースで、
きれいに着飾ってピカピカあげたいと思います。


これから、彼女がどういう変化をしていくのか・・
少しずつ、ご紹介していきますねニコニコ
  


Posted by 朱ビート@宮崎 at 11:50Comments(4)ビート

2008年12月12日

閑話休題(^^;

ある日のビートスマイル






ちょっとお兄さんの横に停めてみましたニコニコ


いや、淡泊な内容は、別にネタ切れな訳じゃなくて・・
今日のお昼にアップする予定の内容が、
手違いでアップ出来なかったもので泣き

それは、明日に回して、

今日は、これで許してね赤面



って、誰に許しを請うているのだ??
  


Posted by 朱ビート@宮崎 at 21:38Comments(2)ビート

2008年12月11日

記憶喪失ですか??

『クルマ選びこれなら太鼓判!』 徳大寺有恒 著

週間宝石'88/1~'91/8の連載を一冊にまとめたものです。

この中で、ビートも紹介されています。

氏のビートに馳せる思いは相当なもので、
「私もいつかこのビートを購入し、走ってみたい・・」
などと言いながら、直後にレインジローバーを購入してみせる等、
なかなかジョークのセンスもある方ですワーイ


さて、その本文の最初の書き出しなのですが・・




「ヤッホー!! ビートは素晴らしいクルマだ。」


ハッキリ言って、イッてます。。




まぁ、それほどまでに、このビートの出現は、
氏にとって大変な事件だったのでしょう。

氏をこれほどまでにハイにさせる要素が詰まっていたのですね。


そして、文章はこう続きます。


「”軽自動車の枠でいこう”という点では少し疑問があった。だが、
でき上がってみると、この軽自動車の枠にこだわったのが正解だった。」



出ました・・正解発言。


氏にとって、ビートが軽自動車であることは「正解」だったようです。。



中略の後、更に文章は続きます。


「ビートは久しぶりに ”いかにもホンダらしさ” の出ている小型車だ。」



ふむふむ。。


さて一方、氏の収入を支えた著作物に、
『間違いだらけのクルマ選び』が、あります。



当然、ビートは好意的に書かれているはずです。


「ホンダともあろうものが、軽自動車の枠でビートを作ったことが理解出来ない」


あれ?あれ???


もしもし・・徳大寺さん・・記憶喪失ですかオドロキ??



いえいえ、そうではありません。

氏は、現首相、麻生さんに勝るとも劣らない、
発言がブレる人だったのですガーン


毎年発行されていた、『間違いだらけのクルマ選び』を読むと、
前の年は、べた褒めだったクルマが、一年後には、ボロクソ・・
何てことが頻繁に見られます。

流石に、これには、読者も頭に来てたようで、
読者との対談記事で、このことを指摘されていました。

すると氏の驚きの回答・・


「評価は時代とともに変化するものだ」


一見、正論のようにも思えます。

でも・・やっぱりそれって変ですよね。
もし、氏の意見を参考にクルマを買った人がいたとしたら・・。

去年、徳大寺が褒め称えていたから購入したのに、
今年は、ケチョンケチョンに書かれてしまったら・・
そりゃあいい気分じゃないですよね泣き


ですので、私は氏の著作物や発言は信用しません。

今は良いことを言っていても、どうせ後で変節するんだろ?
なんて、考えてしまいますので。。

かなりの長期間にわたり発行し続けた
『間違いだらけのクルマ選び』ですが、休刊になったのも、
その信頼出来ない内容からではないか・・と思っています。


じゃあ、なんでお前は、写真の本を持ってるんだ?


?簡単なことです。

それは、ビートを褒めちぎっているからワーイ

氏のハイテンションな文章がいいですよ~。



まぁ、やっぱり、親バカなのですよニコニコ
  


Posted by 朱ビート@宮崎 at 11:50Comments(8)ビート

2008年12月10日

君は、どこのだぁれ??

いきなりですが、問題です!

以下の写真カメラは、何でしょう?
















電気や機械に弱い方は、
まったく????でしょうねガーン



答えは、

電解コンデンサ。


頼まれてもいないのに、更に、詳しく言うと、
10μF 16v という規格です。

もっと、どうでもいい話をすると、
オークションで、50個入600円、送料込みでも720円オドロキ

・・・・安過ぎです金貨



ふむふむ、正体は分かった。

でもこれは、どこに使われているの?



その疑問は当然ですね。

実は、この方、下の写真カメラ
赤丸○の付いた部分にいらっしゃるんです








そかそか。。使われている部分は分かった・・。

でも、結局、これって何なのよフンッ!


はい。。

お怒りはごもっともですね泣き

私も焦らすのは好きですが赤面
焦らされるのは好きではありません(謎)。


実は、これ、ビート専用のオーディオシステム、
スカイサウンドの基板なんです。


ビートがこの世に生を受けて17年。
当然、クルマで使われている部品も17年以上経っています。


ちょっと、思い出してみて下さいね。
自宅の電化製品で、17年以上使用してるものってあります?


ほとんどないですよね~オドロキ
大抵は故障か古くなって買い換えてますよね~。


ビート専用カーオーディオ、スカイサウンドシステムは、
専用と言うぐらいですので、他では使えません。

当然、スカイサウンドを他のクルマ車で使うことは出来ないし、
別メーカーの汎用品と入れ替えることも出来ないんです大泣き

ですので・・・

修理して使いますgood


10μF16Vの電解コンデンサは、スカイサウンドのアキレス腱というか、
長期間の、振動・熱・経年劣化で、電解液が漏れてしまいます泣き

いわゆる、コンデンサのパンク・・ですね。

この部品が不良になると、スカイサウンドが不良になってしまいます。
音が片方出なくなったり、いくらボリュームを上げても音が小さかったり。。
一気に不良の仲間入りをしてしまいますクレイジー



しかも、漏れた電解液は、自分自身がダメになるだけではなく、
漏れた電解液で、回りの部品まで不良にしてしまう厄介叫びなものです。


と言うわけで・・古くなったものは交換しましょ音符


でも、作業はまだやってませんしょんぼり


なぜって、ハンダ吸い取り器が見つからないんだもの泣き

きれいな仕事をする為にも必須アイテムです。


ホームセンターで買うと高いから・・、オークションで探しますチョキ


送料込みでもリーズナブルスマイル

ビバ!オークションクラッカー


あれ?最後は、オークションネタ??
  


Posted by 朱ビート@宮崎 at 11:50Comments(2)ビート

2008年12月09日

おおぉ~!!

昨日、みやchanの管理画面を見てみたらパソコン





アクセス数 500!!!オドロキ


ブログを開設して昨日で10日。

すでに、こんなに多くの方が来てくれて、感謝感謝ですワーイ

これから先、1000、1500、2000を目指して頑張りますニコニコ









ポイしないで下さい!大泣き (c)リアディゾン
  


Posted by 朱ビート@宮崎 at 11:50Comments(4)ビート以外

2008年12月08日

犯人はコイツだ!

松元エンジニアリングさんで修理したビートの右後輪タイヤカメラ

サイドウォールギリギリですオドロキ

よく、「パンクは後輪が多い」と言われます。
それは、前輪で跳ね上げ、後輪で踏みつける・・という構図ですね。


チューブレス全盛の今、
パンクをしてもパンクに気付かないことが多くなりまいした。

クルマの挙動がおかしくなって初めて気付くパターン、
あるいは、翌朝クルマに乗ろうとしたらタイヤがぺっちゃんこ・・叫びとか。

今回のパンクは、パンクなりたて(?)というか、
発見直後に計ってみたら、0.2しか減っていませんでした。


早期発見、早期治療は人スマイルもクルマ車も同じです。

少ない空気圧で長時間走行をすると、タイヤに想定外の力が掛かり、
扁摩耗や、最悪、タイヤそのものが壊れてしまいます。

そういう点でも、私が松元エンジニアリングさんで発見出来たのは、
とてもラッキーでした。 しかもお手伝いまで頂いてワーイ

ということで・・

※注:以下、ベストハウス1-2-3風に読んで下さいテレビ


犯人は、コイツだ!


↓ ワン! 




↓ ツゥ!




   ↓ スリー!












堂々とした黄金色・・
ピン!と背筋を伸ばし凛とした姿・・

憎むべき犯人ですが、その媚びない姿には、威厳さえ感じますフンッ



私がこうも驚くのには、訳があります。

先ほど、パンクの仕組みについて少し書きましたが、
よくぞ・・変形することなく、垂直にタイヤに刺さったな・・と。。

身長39mm。 直径約2mm。

4cm程もある釘が、歪むことなく刺さっていたことにビックリですオドロキ


彼のその偉業を讃えて拍手、私は、彼を破棄することなく
自宅にて保護することにしました赤面
  


Posted by 朱ビート@宮崎 at 11:50Comments(6)ビート

2008年12月07日

奇襲攻撃(笑)!

昨日(12月6日)、松元エンジニアリングさんを、予告なくヒ・ミ・ツ奇襲してきました。

ええ、まるで真珠湾攻撃飛行機のように。


しかし、社長は、まるで何事もないがごとく、
笑顔ニコニコで出迎えてくれて・・初対面のご挨拶。

サプライズにならなければ、奇襲攻撃の意味がありませんワーイ
いや、この後、真の意味のサプライズが待っているのですが・・ガーン


きれいな奥様ピカピカ、すごくかわいい娘さん、も一緒で、会話は弾みました。

もとい・・

私が一人で話していた気がしますワーイ

お忙しいのに、お相手をして頂いてありがとうございました。

時計

時計

時計

さて、そろそろおいとましようかと・・クルマに歩いていって、
ふと、後輪のタイヤを見ると・・・

あれ?パンクオドロキ???

ビートの右後ろのタイヤがパンクしていました。
長いドリル状の金色をした釘がブッスリと大泣き


急遽、パンク修理が始まりました笑い


一応、パンク修理キット、エアポンプは、常時載せていますので、
特に慌てることはありません。


ササッと、パンク修理を済ませ、
タイヤの着脱は、社長が手伝ってくれました。


将来女優になれるかも知れないほど、
素敵な表情を見せる娘さんワーイ

あまりのかわいさに、いっぱい写真カメラを撮らせてもらいました。

メールで送ろうとしたら、データ量が多い為送信出来ずガーン
今度、CD-Rに焼いて持参しますスマイル
  


Posted by 朱ビート@宮崎 at 11:50Comments(4)ビート