スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  

Posted by みやchan運営事務局 at

2009年06月19日

オイル交換、もう一つの方法。

今まで当ブログでご紹介したオイル交換方法は、
ドレンプラグを外してオイルを抜く方法でした。


しかし、オイル交換には、もう一つの方法があります。

それは、「上抜き」という方法。

コップに入ったジュースをストローで飲み干すごとく、
エンジンオイルを上から吸い出してあげよう・・という方法です。

そこで、こんなヤツが登場しますニコニコ

電動式エンジンオイルチェンジャーE.O.C.(イオック)
とってつけたような名前で、しかもかっこ悪いガーン

VTEC(ブイテック)とかMTREC(エムトレック)と同じ要領なんだろうけどニコニコ

さて、この機械、バッテリー12Vから直接電源を取り出しで使用します。
ポンプ本体に、吸引側・排出側のホースを接続して、オイルを抜き取ります。

吸い上げるのは、オイルレベルゲージから。

あの穴に入り込むぐらいの細めのホースを差し込んで、一気に吸い上げます。


オイルパン(オイルをためておくところ)の、オイルを抜く穴は、
真下にあるわけではなく、横向きに開いていることがほとんどです。

ということは、オイルパンの底より、穴の位置が高いことになり、
少量の汚れたオイルは残ってしまうんですね。

その残量を少しでも少なくするために、前輪を高く上げて、
少しでも出し切ろうと工夫はしているのですが、限度はあります。

上抜きなら、ホースを底にくっつければ、全部吸い取れますニコニコ

何と画期的なのメロメロ




と・・、良いことだらけのような上抜きの方法ですが・・
実はワタクシ、このポンプをほとんど使っていません。

いやね、もう・・まずはセッティングするところから、大変でして・・
油ヌルヌルのホースを接続して、んで、当然両手も油ヌルヌルになって、
吸い出したあと、一層ヌルヌルになったホースを片付けて、
巻きぐせのついているホースは、中に残っているオイルをあちこちに飛ばして・・
んで、そのままの油ヌルヌルの手では、ポンプ本体も片付けられないから、
洗剤で手を洗って・・ポンプ本体を片付けて・・と・・・そりゃあ面倒泣き

というわけで・・、
画期的を通り過ぎて、面倒の方がはるかに大きい、この機械。

ずいぶん長い期間、押し入れに入ったままなのでしたワーイ
  


Posted by 朱ビート@宮崎 at 20:34Comments(4)ビート

2009年06月18日

面白フューエルリッド

フューエルリッドとは、ガソリンを入れる所のフタですスマイル

もともと、そのフタは、ボディと同色の塗装がしてあるのですが、
オプション品として、アルミで出来たかっこいい商品がありました。

残念ながら、20年近く昔のオプション品であるため、生産ははるか昔に終了し、
BEAT乗りには人気のパーツですが、入手は難しいようです。

そんな声に、BEATのオリジナルパーツで有名な、
Honda Cars千波
に、面白フューエルリッドなるものが存在します。
http://www.hondacars-senba.co.jp/rixtudo.htm
少々高価な気もしますが、一つ一つが手作りなら仕方ないかも・・ですね。


ようやく梅雨らしい天気になってきたようですが、
雨の日にビートから降りると必ず目にする光景。
雨に濡れて渋く輝くアルミの表情が好きです。

こちらは、オリジナルの純正オプションフューエルリッド。
  


Posted by 朱ビート@宮崎 at 17:00Comments(4)ビート

2009年06月15日

三沢光晴 逝く。。

プロレス団体「NOAH」の社長兼レスラー、三沢光晴が亡くなりました。

宮崎日日新聞 2009年6月14日付 30面

 
46歳。。

私と2つしか違わない・・あまりに早すぎる死です。

新聞記事によると、バックドロップで頭を強打・・と書いてありますが、
その程度の(と言っては失礼ですが)オーソドックスな技に、
死に至るほどの破壊力があるとは思えません。

それ以前に、体調(あるいは脳内での不具合)があったのでは・・
などと考えてしまいます。

ちょっと検索をしてみたら、やはり、社長業と
選手としての長年の無理で、心身とも疲れていた様子ですね。。
http://www.zakzak.co.jp/spo/200906/s2009061501_all.html




私は、三沢光晴が好きでした。

過去形なのは、団体を立ち上げてからの彼に興味が無くなったから。

ジャンボ鶴田が死に、ジャイアント馬場が死に、
残された全日本プロレスを背負って立つ、
選手としても、人間としても立派な三沢が大好きでした。

その後、オーナーである馬場夫人との確執で、他の選手の大半を連れて、
全日本プロレスを離脱したのはご存じの通り。

全日ファンで、ジャイアント馬場ファンである私は、
彼の、「馬場に対する裏切り」とも言えるその行動が許せず、
三沢光晴から急速に興味が無くなっていきました。




三沢光晴の誘いに乗らず、全日本に留まった
「川田利明」と「淵正信」に男気を感じ、純血が残ったことに安心したものです。


私から三沢光晴が消えて長い年月が経ちました。

そして、6月14日の新聞記事にて、彼の訃報を知ったのです。



彼は、古巣(全日本プロレス)に戻ることなく、この世を去りました。

生涯現役選手・・という点では、リングで死ねた人生でした。


数々の大人の事情が渦巻くプロレス界ですが、
彼の掲げた理想は、他団体を巻き込んで、一つの流れであったとは思います。

純粋なスポーツではない・・しかし、やっていることは
とてもハードな、プロレス・・という世界。

魑魅魍魎が住むその世界で、大きな星が消えたのは、
NOAHにとって、支えを失ったごとくの痛手でしょう。

今後の主導権をめぐって、内部対立が起きないことを願っています。


彼の「半封印技」、私も目の当たりにしたことのない、
タイガードライバー'91をご覧ください。





http://noah.s101.xrea.com/fighters/x/noah/misawa.htm


このえげつない技を掛けられたのは、デンジャラスK、川田利明。

日々の鍛錬から来る頑丈さで、死ぬことはないのでしょうが、
素人は絶対に真似をしてはいけませんね。


プロレスをショーとして扱うと、目の色を変えて反論してくる人もいますが、
彼らは、ショーマンシップが第一です。

お客さんに見てもらえる試合をする・・で、ナンボなのですから。
彼らは、その興行収入や放送権収入で、給料をもらって生活をしています。

見せ方を知っている・・巨星が消えたのは、大きな損失ですね。


あの世で、三沢は、鶴田や馬場に叱られているかも知れません・・。

「お前、なんでそんなに若いのに、こっちに来たんだよ!」って。



心から、ご冥福をお祈りします。。
  


Posted by 朱ビート@宮崎 at 19:30Comments(0)ビート以外

2009年06月14日

今度は、このオイル。

私の記憶が確かなら(C)主宰、初めて使ってみるオイルでしょう。

5Wから始まる低温始動性は、今はもう寒い時期ではありませんから、
さほど、ありがたがるものでもありませんが、
低温始動性がいいと言うことは、オイルの粘度が低く、
フリクションロスの低減による燃費の向上が期待出来そうです。

エコですよ、エコスマイル
商品名が、まんま「エコモーターオイル」。

SM級を取得していますから、グレードとしては高級な方です。

ナフコで、期間限定、1480円。
オイルフィルターはビート用、PIAAフィルター、1050円です。


このオイルが、エンジンの吹け上がりを、走りを、燃費を、
どう改善してくれるのか楽しみですニコニコ

交換サイクルまであと1ヶ月、そして1000キロほどありますので、
使うのはしばらく先になると思います。

ちなみに、私のオイル交換サイクルは、
3ヶ月、あるいは、3000キロのどちらか経過が早いほう。

二回に一回の割合でオイルフィルターを交換です。

安くて信頼出来るオイル(であろう)を選んで、
自分で交換しているから出来るスパンですね。

ディーラーや工場に頼んだら、コスト的に大変かも・・ですスマイル


交換後のインプレッションは、またご報告しますね。

  


Posted by 朱ビート@宮崎 at 20:00Comments(6)ビート

2009年06月13日

ミク(未来)、新しい家族です(^^)/

自腹を切ってまで、猫カフェに通っていた次男の希望で、
我が家に、新しい家族がやってきました。
名前は、未来(ミク)、痩せこけた女の子ですネコ

処分前の宮崎保健所からもらってきました。

歯は、やっと生えてきたぐらい。
でも、捨て猫の宿命でしょうか、体重はわずか200g

保健所からもらってきたその足で、すぐに動物病院に連れて行きました。

痩せこけてはいるものの、健康状態は悪くない様子。
ひとまず、安心です。

我が家に来て、もう10日ほどになりますが、
体重は、およそ1.5倍の350g以上になりました。

野生の記憶も蘇ってきたようで、最初はまったく無反応だった、
猫じゃらしにも反応を始めましたよニコニコ


写真は、猫じゃらしに真剣な様子の一コマワーイ

目がマジで、ホントは可愛いのに、まったく可愛くないわニコニコ
  
タグ :


Posted by 朱ビート@宮崎 at 20:00Comments(2)ビート以外

2009年06月12日

今度はゴールド(笑)??


http://www.amazon.co.jp/%E3%83%9B%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BB%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%88-%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF-%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89-%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%BCCAR%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89SP/dp/4895225305


今月('09年6月)発売の最新刊だそうです。

しかし、発売されて18年も経過するのに、未だにこうやってエンスー本が出てきます。
そろそろ部品供給も怪しくなってきましたので、これからビートを・・と言う方は、
本腰入れてこういう専門書?を見ながら、研究が必要なのかも知れませんね。

私は、多分買いません(同様のシリーズ全てを買ってない)が、
立ち読みで情報としては仕入れるつもりです赤面


発売当初からのオーナーとしては、同じビート乗りが増えてくれるのは、
とても嬉しいのですが、希少価値が出すぎて、
少々高価になっているのは、ん~~、と言った気分です。
  


Posted by 朱ビート@宮崎 at 19:00Comments(2)ビート

2009年06月11日

その日は、5月15日。

一般的に、というか、古くからのビート乗りの間では、
ビート発表の日が、ビートの誕生日、とされています。

http://www.honda.co.jp/news/1991/4910515.html


この日、ビートは満18歳を迎えましたクラッカー拍手
同じ年、生まれた赤ちゃんは、高校三年生。

そう考えると、やはり長い年月ですね。

リアルタイムでお祝いしたかったですね。
私としたことが、あれやこれやで、すっかり忘れていました泣き
  


Posted by 朱ビート@宮崎 at 19:00Comments(4)ビート

2009年06月10日

これは何でしょう。。

誰が見ても・・

これは「灰皿」ですねスマイル


でも、カテゴリがビートである以上、
これはビートの灰皿です・・で終わりだと、ネタとしてはイマイチですね赤面


実は、これ、オプション品なんですオドロキ

ビートって、買ったすぐは、灰皿も付いてないんですよワーイ

灰皿が入る部分は、単なるくぼみ・・で、まぁ、小銭とか数㎝以下の小物が
入るぐらいの、ホンのちょっとの収納?スペースなんです。

このオプション品、二代目レジェンドの後部座席の灰皿が使用されている・・
という話ですが、詳しい部品名等・・ネットで調べればすぐ分かるでしょうねスマイル


でも、本来の純正オプションは、確か、
シガライターとセットだったような・・気がしています。

あの火をつける部分ですね。

灰皿がオプション・・ということは、
火をつける(12Vを取り出す)あの部分も不要と言うことです。

灰皿の下の黒い板は、その部品の残骸だったような赤面

何しろ、入手したのは、はるか十数年前・・ワーイ
記憶も定かではありません。


そう言えば・・ブログをお休みしている間に・・
ビートの誕生日も過ぎちゃいました。。泣き
  


Posted by 朱ビート@宮崎 at 23:09Comments(6)ビート

2009年06月09日

おすそわけ。

一ヶ月と18日ぶりの投稿が、本来のビートネタでないのはご愛敬と言うことで・・赤面

私の現状は、多くを語りませんが、こんなものをアップしてみましたスマイル
記事投稿 [みやchan 管理画面]
実は、自宅の裏庭、四つ葉だらけなんですよ赤面


長期お休みしていたお詫びに、画像で申し訳ないですが、
四つ葉のクローバーのお裾分けをスマイル


  


Posted by 朱ビート@宮崎 at 22:52Comments(2)ビート以外