2011年04月28日

O2(酸素)センサー交換【取り付け】

さて、作業も大詰め、O2センサーの取り付け作業です。

元あった場所に新しいO2センサーを差し込みます。

くるくる・・

手で回るところまでは手で締め込みます。

再度、O2センサーソケットの出番です。

チャッキチャッキと回して確実に締め付けます。

はい、ここまで完成しました。

この先っぽをエンジンルーム内の元の場所に差し込みます。

さて、ここで問題というか、ケーブルの処理をどうするか・・が重要になります。
いくら、養生したとはいえ、やはり無造作に放っておくと何があるか分かりません。

幸い、ケーブルを引っかける金具が用意してあります。

黄丸の部分ですね。
既存のケーブルもここに引っかけてありました。

では、早速、引っかけてみましょう。

見て分かるとおり、この金具、結構薄くて鋭いです。

毎日の振動で、被服が破れてしまいそうな気がします。
オリジナルは、ちょうどこの部分に硬質ゴムのカバーが通っていて、
本線を切らない工夫(こちらの下から2枚目画像参照)がしてありました。

ですので、私も安価に、ひと工夫。

アルミホイルを幾重にか折りたたみ、それをケーブルに巻き付けました。

これで、被服は直接金具に触れず、劣化を抑えられそうです。


さて、O2センサー交換、5回にわたって投稿してきましたが、今日で終了です。
ご覧いただきありがとうございました。
  


Posted by 朱ビート@宮崎 at 19:00Comments(2)ビート

2011年04月27日

O2(酸素)センサー交換【加工】

汎用O2センサーの加工作業に入ります。

まずは、古いO2センサーのケーブルをチョッキン!

はい、切れました。

もう、後戻りは出来ません(^^;

続いて、新しいO2センサーケーブルも、長さを合わせてチョッキン!

もう、後戻りは出来ません(^^;

これから、10年以上クルマの下で頑張ってもらうセンサーですから、
養生もしっかりとやります。

透明なヤツですので、画像ではよく分かりませんが、
右側の4本の線には、熱収縮チューブが二重で重ねられるようにしてあります。

ハンダを使って、最初に切断したカプラーを取り付けます。

それぞれのケーブルは、ステンレス製ですので、
ステンレス用のハンダとフラックスを使用します。

はい、作業完成です。

左側がセンサーですね。右側がカプラーです。

それぞれのラインの接続は画像の通り。
参考にされる方は、どうぞ。

<センサー×カプラー>
灰色×緑色
白色×黒色
白色×黒色
黒色×白色

です。

こんな風に出来上がりました。

古いセンサーと比べて、ケーブルの露出を少なく出来ました。

少しでも汚れや水からケーブルを保護したいですものね。

さて、この完成したものを元の場所に取り付ける、
次回、【取り付け】で、またお会いしましょうパー
  


Posted by 朱ビート@宮崎 at 12:00Comments(2)ビート

2011年04月24日

O2(酸素)センサー交換【取り外し】

パーさて、問題のO2センサー、どこにあるのでしょうキョロキョロ

毎度、例によって、コンクリートで下駄を履かせます。

しかし・・汚れたクルマですねぇ(T_T)

横から見た図。

青丸で囲んだあたりから、中を見上げてみると・・、

こんな風になっています。

黄丸で囲んだところに、ありましたO2センサー。

角度を変えてみてみましょう。

右上の同じようなセンサーは、温度センサーです。

早速、O2センサーソケットを差し込みます。

切れ込みからケーブルが出る優れものです。

ラチェットレンチで、チャッキチャッキ・・と取り外し。

楽ちん、楽ちん。

はい、取り外し完了です。

工具があるとないとでは、作業効率が全然違いますね。


場面は変わって、エンジンルーム。

ステキにホコリがいっぱいですわ(T_T)

ということで、見える部分だけ掃除機で掃除しました。

先ほど、触媒からセンサーを取り外しはしましたが、当然、
その先にあるケーブルを抜かなければいけません。

それが、黄丸で囲んだ部分。

オイルキャップ側から寄ってみると、

黄丸の部分、金具を介してボルト締めしてあります。

例によってラチェットレンチでチャッキチャッキ・・。

ちょっと奥まった狭いところです。

はい、外れました。

右側のコネクタです。
このケーブルの先に、最初に外したO2センサーが付いています。

新旧ケーブル比較。

取り外したセンサーの先っぽは真っ黒です。

センサー部分のアップです。

随分形状が違いますね。

さて、これから、古いセンサーのカプラを移植する作業に移ります。

次回、【加工】でお会いしましょうパー

  

Posted by 朱ビート@宮崎 at 12:40Comments(0)ビート

2011年04月23日

O2(酸素)センサー交換【入手】

O2センサーを入手するためのネットサーフィンが始まりましたスマイル

そこで、発見したのが、このサイト
http://www.happoya.jp/?pid=7611098

で、到着したのが、これ。

ボッシュ(BOSCH)ユニバーサルO2センサー15733(LS602/LS615)

汎用ですから根っこはコードのままで、接続のためのカプラは付いていません。
既存のセンサーに付いているカプラを取り付けて使用します。

その為、接続キッド(ビニールに入っているヤツ)が一緒にセットになっています。

しかし、これ、結構でかくて重いんですよ。

クルマの下で、振動や水や汚れに晒される所ですから、
耐久性などを考えると、ちょっとこれは使えない感じです。

私は、直接ハンダ付けすることにしました。
その方がスマートですし、安心できますしねスマイル


あ、それから、もう一つ、あった方がいいものがあります。

それが、これ。

AP O2センサーソケット
本体にケーブルを通す切れ込みがあるのが分かります?
http://store.shopping.yahoo.co.jp/astroproducts/2002000005922.html

裏側の取説。 

これ、何をするものかというと、O2センサーを交換するためだけの専用工具です。

ケーブルを差し込む切れ込みが入っていて、ケーブルを痛めることなく交換できますgood

作業イメージは、こんな感じですね。

次回、【取り外し】でお会いしましょうパー
  


Posted by 朱ビート@宮崎 at 08:00Comments(0)ビート

2011年04月22日

O2(酸素)センサー交換【きっかけ】

ビートのマフラーエンドですスマイル

内側、黒いです。。
マフラーの内部はごらんの通りまっくろくろ・・。
エキパイフィニッシャーの回りまでススで真っ黒けです(T_T)

コンクリートに目を向けると・・

排気の勢いで飛び散ったススの姿が・・。

これ、恐らく燃調が合ってないんですよね。

んで、その原因の一つに考えられるのは、O2センサーの不良。

O2センサーのお仕事は、触媒内の酸素濃度を検出して、
それをECU(エンジンコントロールユニット)に伝えるのですが、
正確な濃度が測れないと、それを基準にして正しい燃料調整が出来ません。

ビートがこの世に生を受けて、既に20年。
今まで、O2センサーは一度も交換していませんでした。

燃費は、そこそこ、リッター20kmぐらいは走ってくれるのですが、
排気ガスが・・なんか臭う。。

最近、エンジンオイルも減るようになってきましたので、
一緒に燃えてしまっているのもあるでしょうが、
やはり、排気ガスが臭いのは、燃調の不良なのでは・・と思うわけです。


ということで、O2センサーを交換しよう!と思い立ちました。

しかし・・
ディーラーに頼めば、それはもちろん交換してくれるでしょうが・・、
私にはお金がない(T_T)

ということで、ここは一つ、純正品ではなく、汎用品を手に入れて、
んで、加工した後、取り付ける・・ことにしました。

これなら、ディーラーで交換するよりはるかに安く、おおよそ60%OFF!!で可能です。

さてさて、どうなることでしょうね・・。

私のことですから、次回更新はいつのことになるでしょう(笑)。
  


Posted by 朱ビート@宮崎 at 17:30Comments(2)ビート