スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  

Posted by みやchan運営事務局 at

2013年09月29日

今更ですが、200000ドキュメント(^^;

2013年4月8日
朱ビートがとうとう走行距離200000キロを突破しました。

今更ではありますが、その瞬間を振り返ってみましょう。

さぁ、いよいよ、その時を迎えようとしています。

僅か660ccのエンジンで、長い距離を走ってきました。

うーん、走っていても、オドメーターがとても気になります。
あと、2キロ。。

ドキドキですね。

あと、1キロ!

大台は目の前です!

ぐぐぐぅ~~。

もう一頑張り!



やりました!

とうとう、二度目の大台です!
祝200000キロ!
致命傷になるような大きなトラブルもなく、無事、この瞬間を迎えられたのは幸せです。

ドライバーの目線では、こんな感じで200000の文字が見えるわけですね。

右側のスピードメーターが、なんだか誇らしげです。

そして、自分ひとり盛り上がった瞬間は終わり、日常は何事も無く過ぎていきます。

次のイベントはいつになるでしょう。
222222キロ・・でしょうか。
  


Posted by 朱ビート@宮崎 at 00:58Comments(2)ビート

2013年09月27日

『誰かとどこかで』最終回・・

永六輔さんの長寿番組『誰かとどこかで』が、先ほど(2013年9月27日AM11:46分)、最終回を迎えました。

1967年から続いた日本最長寿番組で、外回りをしていた頃は、
可能な限りクルマのラジオで聴いていたものです。
 
毎週金曜日、アルハンブラの思い出をバックに紡がれる「七円の唄」は、
毎日を懸命に生きる人たちの美しい言葉が、時に笑顔に、時にホロッとさせてくれました。

MRTラジオでは、2009年に放送が終了しましたので、
「え?まだやってたの?」
という方も多いでしょう。

錦江湾チェーンのCMとセットで馴染みの方が殆どですよね。

はい、まだやってたんです。

しかし・・、とうとう今日で、おしまい(永さん談)です。
実に、12629回・・・。

素晴らしいですね。

また一つの時代が終わりました。
願わくば、永六輔さんには、本当に長生きしてもらいたいです。

心を込めて、ありがとうございました。
  


Posted by 朱ビート@宮崎 at 12:33Comments(0)ビート以外

2013年09月23日

アイアム社長

日本フルハップのCM
ちょっと、感動の押し売り的な匂いはありますが、
長く続いた関西弁の社長メインのドタバタCMよりはよく出来ていると思います。

さて、いくつかあるバージョンの中で、小さな自動車修理工場を懸命に切り盛りする
夫婦の姿を描いた「福利厚生篇」の中で、一瞬ですが、ビートが出てきます。

ご覧の通り、右手前にシルバーのビートが映っています。 
幌を外され、ブリッツのシートと補強フレームが見えています。
内装も剥がされていますから、少しでも軽量化を図っているのでしょうね。
No.33のゼッケンが貼られていますから、やはりレース車両なのでしょう。

私が考えるのは、このCMを企画し制作した広告代理店が、なぜ、ここにビートを持ってきたか・・です。
20年以上前のクルマですが、好きな人がいるのでしょうねぇ・・。

ツインカムでもターボでもないビートをレース車両として使うのは、
戦闘力としては力不足な気もしますけど、そこには、何か深い思いがあったのでしょうか。
  


Posted by 朱ビート@宮崎 at 10:16Comments(0)ビート

2013年09月16日

ブリヂストン エコピア EX10

ブリヂストン エコピア EX10
エコピアと呼ばれるブリヂストンの低燃費タイヤシリーズの一つです。
ビート純正サイズのタイヤも揃えている為、プレイズ無き後、次期タイヤの有力な候補でした。

平成25年9月7日の記事でも少しお話しましたが、現在、使用しているタイヤです。

これは、フロントタイヤ、リアも同じデザインです。
タイヤパターンはおとなしめですが、目を引くのは、太い2本の溝。

正面から見るとこんな感じ。

どうです?溝、ぶっといでしょう(^^;
溝の幅は、約10mm。つまり、このタイヤ、太い溝だけで20mm。
ど真ん中にも2mm程度の溝が切ってあります。
その分、接地面積は少なくなりますから、見た目よりかなり細いタイヤ・・という事になりますね。

タイヤの全体的な強度との兼ね合いなのか、溝の深さはさほど深くありません。
その分、スリップサインは早く出ることが考えられ、寿命という点で少し不利かな・・と思います。
実際、まだそんなに走っていませんので、これから先どうなるか・・ですね。

さて、肝心のフィーリングですが、G3からプレイズに履き換えた時の衝撃・・は、ありませんでした(^^;
体がプレイズの特性にかなり慣れていた事もあるのでしょうが、乗り心地は格段に良くなっています。

ステア操作に対して、ホンの少しだけタイヤがヨレる瞬間があり、その後、スゥーっと切れ込んでいきます。
最新のタイヤ設計らしく、NVHはお上品に押さえ込まれている印象です。

ウエット性能「B」、ブリヂストンのタイヤの中でも優秀なこの評価。
どんなものなのか、雨の日、わざと水たまりに片足を突っ込んでみました。

ご存じのように、速いスピードで轍や路肩の水たまりに突っ込むと、一気にステアリングが持って行かれます。
滑りやすい路面では危険なことなのですが、太い溝がもたらす水はけ性能、どんなものでしょうか。

結果は、「お、何かいい感じ。」

パワーアシスト機構を持たないビートのステアリングは、路面からのアナウンスに敏感です。
深い水たまりに対して、ガツン!とステアを取られる感じではなく、クン!という感じ。

今回の実験は、タイヤが水たまりに取られることを前提にトライしていますから、
自分自身、来るぞ来るぞ・・と、構えている部分はあります。

しかし、運転中はいろんなシチュエーションがあります。
不意にステアリングを取られることは十分に考えられます。

そんな時、ガツン!と取られるか、クン!と取られるかは、その後の運転操作に大きく関わると思うんです。
モデルとしては、末期にあたると思いますが、いいタイヤだなと感じました。

ところで、このタイヤ、フロントが滑り出す限界特性までは追い込んでいません。
なぜなら、サスが寿命を超えている為、無理をすると、簡単に突き上げを起こすからです(ToT)
  


Posted by 朱ビート@宮崎 at 14:26Comments(0)ビート

2013年09月14日

注意!スズメバチ!

情報によると、今年は雨が少なかった影響からか、スズメバチが多いそうです。
先日、親戚の垣根の草刈りをしている時、いきなりスズメバチから二カ所刺されてしまいました。

右胸と左小指に激痛が走りました。

すぐさま近くの病院へ。
アレルギー対策の注射をしてもらい、アレルギー症状改善薬も処方してもらいました。
薬局でハチ用殺虫剤を購入して、ハチへの報復攻撃。

殺虫剤4缶を消費して、バレーボール大の巣を破壊、殲滅しました。
下の画像は、記念に持って帰った一匹。

ご覧の通り、鋭い針がしっかり見えます。

駆除後、作業を再開し、綺麗に仕上げることが出来ました。
皆さんも、くれぐれも、ご注意下さいね。
  


Posted by 朱ビート@宮崎 at 07:30Comments(0)ビート以外

2013年09月13日

な・・何が起きた・・!?

私のブログ、アクセスをチェックすると、日に十数人の訪問があります。
が・・・、

9月9日

いきなり、225人の訪問が・・。
そして、PVは、驚きの793!

どういう流れか分かりませんが、多数のご訪問、ありがとうございます。
  


Posted by 朱ビート@宮崎 at 22:57Comments(0)ビート以外

2013年09月07日

100196、ありがとうございます

100196
この数字そのものに特別な意味はありません。
しかし、この数字自体にとても大きな重みがあります。

当ブログが、とうとう100000ヒットを越えました。

まったく更新もせず、ほったらかしの当ブログ。
随分久しぶりに覗いてみたら、100196。

昨日も、88ヒット。
本来、更新しなければ徐々に忘れられていくものなのでしょうが、
本当にありがたいことに、訪れて下さる方が減りません。

ありがとうございます。

折角訪れて下さる方に、ほんのちょっと近況をご連絡すると、
タイヤが、エコピアEX10になりました。
ウェットに強い(B)とカタログにあるタイヤです。

水はけの為の溝がとんでもなく太く、ウェットの安心感というより、
この巨大な溝の分、実質的なタイヤの幅って狭くなってるんじゃ?
と、心配になるレベルです。

もし、パターンを見る機会があったら、その面構えに驚いて下さい。

と、無理矢理ビートネタで。。
  


Posted by 朱ビート@宮崎 at 23:18Comments(2)ビート