2013年11月28日

枠にはまるな。

本田技研工業には、定期的に創刊される“ホンダマガジン”という小冊子があります。
Honda Cカードを持っている人に送られてくる小冊子です。
(別の理由で送られてくる人もいるかも知れません。私はCカード会員になったことで送られてくるようになりました。)

そして、我が家にも“ホンダマガジン”が届きました。
それが、これ。

大きく、赤く、
「枠にはまるな。」
の文字が・・。
確かに、文字も枠をはみ出しています(笑)。


今回のHONDAのスローガンは、枠にはまるな。

冊子の中でも、こういっています。

自分の限界を、自分で決めていないか。過去の常識にしば
られていないか。本来、人間は自由な存在だ。自由である
はずの人間が、自ら自由を手放してどうする。しょせん限
界も常識も過去のもの。自由な創造を邪魔する過去など、
忘れてしまおう。新しい知恵で困難に立ち向かえ。時代の
先をゆけ。今までの枠の中に、未来はないのだから。そう、
僕たちは、なんにでもなれる。僕たちは、どこへでもゆける。

枠にはまるな。

改行・文章とも、原文のまま。

いかにもHONDAらしい、人間味溢れたスローガンですね。
“オヤジ”と慕われた、本田宗一郎のおおらかな笑い顔が浮かぶようです。

これが、日産が言おうものなら、何をすっとぼけたこと言ってんだ?となるのですが(笑)。
年収10億のカルロスゴーンが言ったところで、バーカ、と言われるのがオチでしょう。

と、私の日産嫌い(正確にはカルロスゴーン嫌い)がもろに出てしまいましたが、まぁ、いいでしょう。

話を元に戻すと、今号は、2013モーターショー特別号と書いてあります。

そう、新しい時代の、新しいBEATでご紹介した、
S660CONCEPTが、4ページを使って紹介してあります。

これは、全4ページの2ページ目。

BEATオーナーの私としては、このクルマは、あくまで「S660CONCEPT」で、
車名は、S660として新車発表されるのがいいかなぁ・・と思っているクチです(^^;

これを、「BEAT」と名乗らせるのは、ちょっと違うかなぁ・・という感じがあるからです。
その私の考えの根拠となっているのは、「BEATであるかどうか・・」。

どゆこと?と言われそうです。
私の中で、BEATがBEATたる必然性、それは、
「ミドシップ フルオープン モノコックボディ」
であるかどうか・・です。

『量産車世界唯一のレイアウト』

これこそが、天上天下唯我独尊であり、HONDAのプライドであり、
誰の真似もしていない気高さこそが、BEATをBEATたらしめている本質ではないかと思うのです。

もちろん、このS660CONCEPTが、ミドシップフルオープンモノコックボディである可能性は十分です。
NSXやS2000、CR-Zの様に、出来のいいマニュアルミッション搭載し、
尚かつ、エンジンも安易にターボ加給せず、ひたすら高回転高出力を狙ったものならば、
これは、もう間違いなく現代のBEATそのものでしょう。

問題は、今のHONDAに、その技術力があるのか・・です。

失礼なことを言うな!と言われるかも知れませんが・・、
このクルマが噂通り、Nシリーズのコンポーネントを流用して作られているとなると・・、
N-ONEに載ったターボエンジンが使われる可能性は大です。

ターボエンジンは、労せずして(低回転から)パワーを引き出すことが出来、
そして、うまくマネジメントすれば燃費もよくなります。

その恩恵を捨てて、過給器に頼らず、エンジン本来の魅力だけで、
スポーツカーを作る覚悟が、今のHONDAにあるとは思えません。
いや、どこのメーカーにもないでしょう。

ですから、私のような、ミドシップのS2000・・的なものを期待するのは、
無い物ねだりだろうなぁ‥と思います。

でも、でも、あえて、今の閉塞した時代だからこそ、胸のすくような
走りを期待できるクルマが欲しいんです。

今の時代、本当に、魅力的なクルマがありません。
魅力的なクルマって何?と言われそうですが、
私にとっての魅力的なクルマは、
「自分の生活を変えてくれそうな予感をさせてくれるクルマ」
です。

クルマに乗る自分がイメージできる、そのクルマを所有することで、
豊かな(あくまで心・・ですよ)生活が出来そうな気にさせてくれるクルマ・・。

そうやってクルマを見回すと、
本当に、今のクルマってつまらないものばかり・・って気がしませんか?

ダラダラと、私見を書きましたが、S660CONCEPT、密かに期待しています。
無い物ねだりと分かっていても、期待しています。
折角、自ら「枠にはまるな。」と言っているわけですから。

期待が適わなかったら・・、簡単なことです。
今のBEATを、これからもずっと乗り継いでいく・・だけですよ(^o^)b
  


Posted by 朱ビート@宮崎 at 20:00Comments(0)ビート

2013年11月20日

キーレス作業、再び・・。

2010年1月~2010年3月、苦闘の作業が続いた
朱ビートにキーレスを取り付ける作業
4年近くを経て、再び着手することになってしまいました。

以前から、少しずつ動きが悪くなっていた助手席のキーロック、
最近は、うんともすんとも言わない状態になっていました。

やはり、動かないのは不便なものです。
ということで、とうとう重い腰を上げて修理をした、というご報告です。

さて、助手席側ドアです。

ここを今からバラしていきます。

まずは、ドアノブの部分に付いているネジを外します。

ネジを外した後は、一旦リア側にずらしながら、裏側の爪を折らないようにしないといけないのですが・・、
私は随分昔に折っちゃってます(^^;

ドアノブを引っ張りながら、取り外します。

こんな感じですね。

外すネジは残り4本。

まずは、画面右の2本。 の部分ですね。 上のネジは角度的に見えず。

後の二つは、取っ手の固定ネジ2本。

くるくるくる・・。

もう少しですね。

カメラを避けながらの作業は、体制的にキツイ(笑)。

はい、取れました。

この状態から、グレーのカバー全体を外していきます。

こんな感じで・・。

ちょっと固いですが、パコンパコンと・・。

はい、取れました。

相変わらず、白い例のヤツがビッチリですね(^^;

ビニールを、メリメリメリ・・と、剥がしていきます。

左に、モーターが見えました。

作動部に溜まった脂まみれの汚れをパーツクリーナーで洗い流します。

4年近く開けていませんでしたので、結構汚れていました。

さて、モーターに見てみると・・、

向かって左側・・ジャバラがボロボロです・・(ToT)
恐らく、破損したジャバラの部分から水が入り込み、モーターを殺してしまったのでは・・と思います。

いろいろ考えた結果、ジャバラの部分に、撥水処理をすることにしました。

シューッと吹き付けます。 乾いたら更に吹き付け、何度も吹き重ねます。

モーターの穴も楕円に削ります。

これをしないと、モーターがスムーズに動きません。
思いつくまで、結構苦労した部分です。

 さて、古いモーターを取り外します。

外すだけですから、気楽です(^o^)b


新旧のモーターを比べてみました。

ボロボロ具合がよく分かりますね(ToT)

サクサクと、新しいモーターを取り付けていきます。

同じところに取り付ければいいだけですから、楽です。

これが、ロック状態。

モーターを逆向きに取り付けていますので、延びた時がロックになります。

これが、解錠状態。

縮んだ時にカギが開きます。


更に念を入れて、撥水スプレーを吹き付けました。

たっぷりと、たっぷりと。 水を弾いて少しでも長く使えますように。

ビニールを戻します。

後の作業は、取り外しの逆手順ですので、これ以上の画像はありません(^^;

ところで、「予備のモーター持ってたの?」と思われた方もいらっしゃいますよね。
実は、アリミツさんから譲ってもらったモーターは、4ドア用。
そう、未使用品が、まだ二つ残ってたんですね(^o^)b

以上、久しぶりのキーレスネタでした。

ところで、アリミツさんお元気なのでしょうか・・。
2010年8月11日からブログの更新が止まっているのですが・・。
  


Posted by 朱ビート@宮崎 at 20:41Comments(0)ビート

2013年11月17日

宮大「淸花祭」で凄いものを発見した!

長男が通っていることもあり、初めて宮大の学園祭へ行ってきました。

夕方でもあり、ご覧のように日は斜めに。
でも、多くの学生や一般の方で溢れていました。

この写真は、模擬店の通りを撮影したもの。

模擬店も撮影しようかなと思ったのですが、
撮影したら、その模擬店の商品を買わないと申し訳ないような気がして、やめました(^^;


この通りを進んだ右側に図書館があります。
学園祭のパンフレットが余ってないかお聞きするために入ったのですが、
そこでとんでもないものを発見しました!

それがこれです。

広辞苑 初版 第11刷。

すごいでしょ? 昭和30年に第1刷が発刊されて、これは、昭和38年の第11刷。
実に8年もの間、日本語の基準となっていたものです。

言葉は時代と共に変化していくもの・・、それは誰しも実感することと思いますが、
やはり、基本となる日本語の正しい意味は、変わることなく意識することが大事だと思います。

国内初の日本語リファレンスとして世に出た広辞苑は、
正しい日本語の基幹として、なくてはならないものだと思うのです。

ちなみにこの写真、自宅の簡易スタジオで撮影しています。
「え?なんで自宅に持って帰っているの?」という疑問はごもっともですね。

上の方をよく見て下さい。 赤いハンコで「廃棄」の文字が・・。
そう、これは、廃棄処分で捨てられる直前の本を、「ご自由にお持ち帰り下さい」コーナーで見つけたんです。

よくぞ他の方に持って行かれなかったものです。
すごい宝物を手に入れることが出来ました。


さっそく、私の嫌いな、「こだわる」という項目を引くと・・、

(1) さわる。さしさわる。さまたげとなる。
(2) かかわる。かかりあう。拘泥する。
(3) いささかの事に理屈をつけて故障を言い立てる。邪魔をする。

どうですか?思いも寄らない意味が書かれているでしょう?
よく皆さんが使う、「熟慮を重ねる、厳選に厳選を重ねる、納得がいくまで追求している」的な
プラスの表現は全くありません。

よくスーパーなどで見かける「こだわりの一品」なんて、私は絶対に手を出しません(^^;
そんな雑な一品なんて知れていますので(笑)。


ということで、宮大の学園祭ですごい歴史的書籍を手に入れたお話でした。
  


Posted by 朱ビート@宮崎 at 20:00Comments(0)ビート以外

2013年11月03日

さようなら、小戸之橋 その2

2013年10月31日で50年の歴史に終止符を打った小戸之橋。
その姿を残しておきたいと思い、先日撮影に行ってきました。
今回は、その2回目。 当サイトに初めてお寄りの方は、その1から先にご覧下さい。

橋の上を北に向かって歩いていると、一つのことに気づきます。
それは、“サビだらけ”ということ。

右側の柱は、街灯の支柱。 奥へ続くのは歩道の手すりです。
この状態がずっと続いています。

渡りきって振り返ると、少し傾いてきた日差しに細長い影が出来ていました。

良い天気の日に撮影が出来て良かったです。

少しは慣れたところから、太陽に向かって撮影してみました。

橋をシルエットで捉えてみました。

堤防から河川敷に下りると、釣り人を見つけました。

釣果はどうですか?

特に何かを狙ってシャッターを切ったわけではないのですが、
こういう、“部分”って、記憶には曖昧に残るんですよね。

私は、こういう、誰も気にしないところを撮影するのが好きです。
私の心の師匠、浅井愼平氏には遠く及びませんが、被写体を『探す』眼差しは常に持っていたいと思います。

橋をくぐって見上げると、何かが書かれた表と、南側で見たパネルと同じものがありました。

小さくて見えないかも知れませんが、左の二つが塗装記録表で、
この表を見る限り、平成12年の2月に小戸之橋のお色直しをしたようです。
右のパネルは、最初に南側で見たヤツと同じもののようです。

ただ、ちょっと違うのは・・

1959年3月の文字。
想像ですが、1959年3月に着工して、1963年6月に出来上がったのでは・・と思いました。

再び堤防に上がり、歩道の入り口を見ると、こんなものが集められていました。

いろいろなゴミです。
堤防沿いの草が綺麗に刈られていましたので、その陰に隠れていたものが出てきたのかも知れません。
自分のゴミを持ち帰らない、ゴミ捨て場でもない所にゴミを捨てて平気な精神が、私には理解できません。

中には、新しいスーパー袋に入った飲みふるしのコーヒー容器とかもあって、
明らかに、川沿いまで持ってきてそこに捨てたのだろう・・と推測できるものもあります。
ゴミを捨てる行為は、そのまま自分の良心や人間性まで捨てている気がします。

50年の役目を終えた小戸之橋のすぐ横にあった現実でした。

さて、まだまだ小戸之橋探索は続きますが、今日はここまで。
次回、またこの続きをアップしますね。
  


Posted by 朱ビート@宮崎 at 08:51Comments(0)ビート以外

2013年11月01日

さようなら、小戸之橋 その1

2013年10月31日いっぱいでその役目を終え取り壊される小戸之橋。
新しい姿になって再び通れるようになるまで8年を有する・・ということで、先日、撮影に行ってきました。

『おどのはし』 私はつい最近まで、“おどばし”だと思っていたのは内緒です。

白状しますと、橋のたもとに、こうやって書かれていることも知りませんでした。

橋の手前に、大きな看板が設置してあります。

終日かなりの交通量がある橋です。
代替橋もなく、ここが通れなくなると、しばらくは周辺道路が渋滞するでしょうね。

1963年6月。
実に50年もの長きに渡って、重要な仕事を続けてきました。

製作は三菱造船なんですね。
当時、船を造る技術と、橋を造る技術は似ていたのでしょうか。

見上げると、側面には剥がれかけたような跡もあります。

改修に改修を重ね、それでも、少しずつ朽ちていく・・建造物の宿命ですね。

橋を下から見上げると、こんな感じ。

意外とシンプルな構造ですね。 これで橋の幅全部です。
画面左が水道管、右がNTTの回線ケーブルだと思います。

これが、水道管の接続部分。

よく頑張りました、といった風情ですね。

こちらは、NTTの通信ケーブル。

昭和63年12月の刻印があります。
どちらにしても、かなりの歴史ですね。

全てのテンションがかかるジョイント部もこの状況です。

どのネジも、何だかとても辛そうです。

それでも見上げれば、このような勇姿を見せてくれます。

もうこの先、この橋の下から、こんな風景を見ることは出来ません。

橋から見下ろすと、キャッチボールに興じる親子が見えました。

新しい掛け替え工事中も、ここは憩いの場所になるのでしょうか。
それとも、資材置き場になるのでしょうか。

私と同様、名残を惜しんでか、撮影をしている方を見かけました。

傑作が撮れましたか?

まだまだ、沢山撮影しているのですが、今日はここまで。
また次回、この続きをアップします。

小戸之橋の最後の姿を目に焼き付けて下さいね。
  


Posted by 朱ビート@宮崎 at 20:00Comments(0)ビート以外