2016年02月15日

慣らし運転【完了!】

ようやく、慣らし運転が完了しました。
やっと、3000kmを走りきりましたので、ここで慣らし運転最後のオイル交換です。

使用したのは、例によってこの面々。

E-plusは、商品名とパッケージが変更になっていて、なかなか探し出せませんでした。

具体的な中身の画像は撮影していません。
こちらでの作業と基本的に同じ工程です。
あ、フラッシングはしていませんね。

今回新しくチャレンジしたのが、下の画像。

E-plus、煮ちゃいましたワーイ
作業開始と同時に火を入れて、実際に使用するまでの30分、弱火でトロトロと。
ちなみにこのコンロ、1998年から愛用している、
イワタニ(Iwatani) カセットガス ジュニアバーナー CB-JRB-3
コンパクトに収納出来る、とても優れたミニコンロです。

さて、30分も煮込むと、容器はヘロヘロ、指で簡単に凹むほどです。
でも、これ、効果テキメンでした。

前回と同じ季節は2月、低い気温は、硬いE-plusを更に硬くします。
その時の体験がありますので、投入時勢いよく傾けたら・・、
おおお!まるで蜂蜜だったものが、サラダ油になってる!
サラサラとオイルパンに落ちて行きました。

前回、30分掛かった投入時間は、30秒に短縮されましたよ。
この製品をお使いの際は、ぜひ、やって下さい。
作業効率が全然違いますから。

10分ほどアイドリングをして、待ちきれずに早速試乗です。

いやぁ、
いい!
これは、すごくいいです!

丹念に慣らしをしたことで、金属同士の摺り合わせは完璧に近いと思います。
その完璧な面に、添加剤の皮膜が被さることで、更に動きが良くなったのでしょう。
ストレス無く、一気にレッドまで吹き上がります。
3000rpm辺りのちょっとしたもたつきもなく、弾けるように跳ね上がるタコメーター。

『鳥肌が立つ』という表現がありますが、ホントに鳥肌が立ったのは初めての経験でした。
ステアリングを握る自分が、ニヤニヤしているのが分かりますワーイ

やっぱり、クルマはエンジンだよなぁ・・と再認識しました。
  

Posted by 朱ビート@宮崎 at 07:00Comments(0)ビート