2011年07月13日

SUBARUステラ、ミッションオイル交換作業

随分久しぶりの更新でした。
ステラのミッションオイルの交換をしましたので、アップしてみますスマイル

ミッションオイルは、完全に下から見上げる形で作業します。
うちには、ご存じのように、クルマをアップする施設はありませんので、
当然のように、私が、仰向けのままクルマの下に入り込んでの作業となります。

ということで・・
例によって、コンクリートで上げ底ですねニコニコ

はい、こんな感じです。
マットが引いてあるところから、ずりずり・・と、仰向けのまま進入です。

見上げると、オイルを交換するためのドレンコックが二つあります。
二つあるのは、出す穴と、入れる穴が別々だから・・なんですね。

分かりやすいように、丸で囲んでみました。
廃油側から抜いて、給油側から注ぎ入れます。

ということで、早速作業開始・・なのですが、その前に、ちょっと準備作業。
作業を効率よく進めるために、工具に一工夫(というかそれをしないと作業できない)します。
注ぎ入れるために、漏斗とホースをドッキングしましたニコニコ
ちょっと画像ではわかりにくいかもしれませんね。

それから、もう一工夫。

これは、何をしているか、よく分かりませんね。

実は、オイルをお風呂に入れていますニコニコ
おおよそ50℃ほどのお湯にオイルをつけて、粘りを低くする工夫です。

ちなみに、オイルは、カストロールではありません。
SUBARU純正を、SUBARUディーラーで買ってきました。
小売りもしてくれるんですよ。便利です。

さて、その上で、作業開始。
漏斗を取り付けたホースをエンジンルームからぶら下げます。

ちなみに、関係ないですが、バッテリーはパナソニックのカオスです。
オーディオの音質がよくなると定評のものです。
実際は、よく分かりませんワーイ

再び、エンジンルームを下から見上げてみましょう。

こんな感じで、ホーズがやってきました。

ところで、ミッションオイルを交換する時は、ちょっとした順番があります。
それは、
上のドレンを開ける
下のドレンを開ける
オイルを抜く
下のドレンを締める
オイルを入れる
上のドレンを締める
です。

なぜこうなのかというと、万が一、先に下のドレンを開けてしまい、オイルが出た後、
上のドレンを開けようとして、どうしても開かない事態になってしまったら・・
オイルが入れられず、クルマが動かせなくなってしまいます。

ということで、まず、上のコックが開くことを確認した後に、下のコックを開くんです。

少し、横道にそれましたが、続きです。

上のコックを開き、そして、下のコックを開いた時に小さな発見をしました。
分かるでしょうか、ドレンコックの中央にマグネットが仕込んでありますオドロキ
これ実はすごいことで、バブル期の高価格車だったビートにすらありません。

うちのステラは、ラインナップの一番下のグレードですので、その一番下でさえ
手抜きをしない、富士重工の見えないところへの気配りは、ちょっと素敵ですねスマイル

え?その磁石は何のためにあるんだ・・って?

それは・・鉄粉を吸い付けるためです。
エンジンオイルなら、オイルエレメントというフィルターがありますが、
ミッションオイルには、フィルターがありません。

ミッションは、複雑な歯車のかたまりが、休むことなく高速回転でかみ合う場所です。
当然、金属同士が擦れあって、鉄粉を噴きまくるのですが、それはオイルの中を漂い続けるんです。

そうなると、オイルそのものも劣化が早くなりますし、ギア同士も異物を噛んだまま擦れあい、
更に状況は悪化していきます。

そのためにオイル交換をするのですが、交換するまでの間、磁石で吸着できるものは、
事前にくっつけておこう・・というのがその考え方です。

後ろのティッシュは、鉄粉を拭き取ったあと。
金属のカケラ状のものから、ペースト状になっているものまで、
結構な量の鉄粉が吸着されていました。

下の画像は、あらかたオイルを抜き終わった頃。

下のコックを締めて、いよいよオイル注入です。

上の穴から、オイルが注ぎ込まれます。

規定量は2リットル。
でも、分かりやすいやり方は、溢れてきたらOKスマイル

ミッションオイルは、皮膚に付着すると、すんごくかゆくなります。
皆さん、お気をつけ下さい。

って、誰も、こんな面倒なことはしないかぁ・・ニコニコ

例によって、撮影をしながらの作業は極めて面倒くさく、
このショットを撮った後は撮影していません。

だから、ステラのオイル交換のご紹介は、ここでおしまいワーイ



同じカテゴリー(ビート以外)の記事画像
電球切れは危険! YAMAHA BJ 12V30/30W R107
宮大「淸花祭」で凄いものを発見した!
さようなら、小戸之橋 その2
さようなら、小戸之橋 その1
ストロボを使っておすましミクちゃん(^o^) その3
ストロボを使っておすましミクちゃん(^o^) その2
同じカテゴリー(ビート以外)の記事
 電球切れは危険! YAMAHA BJ 12V30/30W R107 (2016-01-11 19:37)
 宮大「淸花祭」で凄いものを発見した! (2013-11-17 20:00)
 さようなら、小戸之橋 その2 (2013-11-03 08:51)
 さようなら、小戸之橋 その1 (2013-11-01 20:00)
 ストロボを使っておすましミクちゃん(^o^) その3 (2013-10-16 19:00)
 ストロボを使っておすましミクちゃん(^o^) その2 (2013-10-09 20:00)

Posted by 朱ビート@宮崎 at 13:16│Comments(3)ビート以外
この記事へのコメント
朱ビートさんの記事は、いつもながら勉強になりますw(゚ロ゚)w
投稿してくれた人 ま~ぼ at 2011年07月13日 15:44
ま~ぼさん:

いつもコメントありがとうございます<(_ _)>

言われるほど、勉強になることは言ってないんですけどね~(^^;

うちの奥さんのクルマなんですが、お分かりの通り、MT車なんですよ(^^;

実は、うちの奥さん、MTしか運転できないもので・・(^^;;;
投稿してくれた人 朱ビート@宮崎 at 2011年07月14日 11:47
Writing a medical thesis or dissertation is a task done by almost all postgraduate and master's medical students. Dissertation is derived from the Latin word disserto which means discuss. It is essential to write successful medical papers such as medicine essays and medical thesis papers. There are several reasons as to why students write medicine essays. One of the reasons is to promote enhancement of critical judgment, research skills as well as analytical skills. Moreover, medicine essay writing produce students with the ability to 4evaluate and analyze data critically.

The initial step for writing medicine essays is to choose a topic. A writer should have at least three topics to choose from. The topic has to be interesting, feasible and relevant. It is essential to write quality medicine essay. Hence, students need to have analytical skills and perfect writing skills. The writing skills will enable them write outstanding essay papers that can be highly regarded by instructors and professors. Teachers often require a lot and expect a lot from their students in terms of medicine essay writing. for this reason, students find essay writing to be an extremely difficult task and hence resort to buying custom medicine essays.

A custom medicine essay has to be written by professional writers who are qualified in the field of nursing. Moreover, the custom medicine essay has to be original and plagiarism free. This means that it has to be written from scratch by experts with many years experience. The many years experience should enable a writer to write any form of medical paper including medical thesis, medicine essay and even medicine research paper. Moreover, experience will enable a writer to write a medicine essay that can guarantee academic success.

Students get custom medicine essays from custom writing company. It is essential to choose the best company so that one can get the best custom medicine essay. The best and the most reliable medicine essay writing company should have some unique characteristics such as affordability and the ability to provide original and superior quality medicine essays. The other quality is that the company has to hire expert writers who can write quality medicine essays and other types of medical papers. The essays should not only be quality but also plagiarism free and free of grammatical and spelling mistakes.

A custom medicine essay has a similar structure to any other academic essay assignment. It has an introduction that introduces the topic and tells the reader what the essay is all about. The second section is the body that has many paragraphs supporting the main topic. Finally there is the conclusion that briefly summarizes what has been discussed in the body section of the essay. Students should choose reliable writing companies so that they can get quality custom papers on several fields such as technology, sociology and law in addition to medicine field.

Our custom writing company is the best company that all clients should rely on when in need of any given type of medicine paper. We provide quality papers that not only plagiarism free but also original. Moreover, our custom papers are affordable and able to guarantee academic excellence at all times. All our medical papers are reliable and sure of satisfying clients at all times.

 
投稿してくれた人 Joshuasic at 2017年11月13日 03:04
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
SUBARUステラ、ミッションオイル交換作業
    コメント(3)