2015年10月24日

朱ビート、Eg、O.H.【分解】。

宮崎内燃機さんに行ってきました。
すると、作業台に、こんなものが乗っていました。
分解したビートのエンジン裏側
朱ビートのエンジンです。
これは、上下逆さまの様子。つまり、底が上を向いているんですね。

いよいよ、分解が始まったようです。

すぐ下には、オイルパンがありました。
オイルパン、オイルゲージ付(笑)。
内側はこんな風になっているのですね。
オイルゲージも刺さっていますニコニコ

クラッチディスクも見せてもらいました。
クラッチディスク
放射状のツメを持つ画面右上の部品は、殆ど劣化がなくこのまま使用するそうです。
ツメの部分が摩耗してしまうと使えないそうなんですが、
「上手なクラッチ操作をしていましたね」
と言ってもらい、ちょっと運転を褒められたようで嬉しいですね。

画面中央のスプリングが4カ所取り付けてある部品、
これは、経年劣化(3000rpm辺りでシャーンという音がする症状)で交換です。

画像一枚目の逆さま状態を元に戻してもらいました。
逆さまだったエンジンを元に戻すとこんな感じ
お分かりになるでしょうか。
中央と右側のピストンはオイルで濡れています。
バラした直後も、かなりオイルが染みていたそうです。

やはり、現象はオイル上がり。
更に分解が進めば、シリンダー内がどうなっているのか、明らかになります。

バルブ類も見せてもらいました。
丁寧に説明してくれます。
天井側もスラッジやカーボンが張り付いています。
丁寧にオイルメインテナンスを続けていても、やはり22万㎞の蓄積はあるのですね。

正面から見るとこんな感じ。
正面から見るとこんな感じ
中央の左二本のピストンは「P」の文字まで見えて一見綺麗な状態に思えますが・・、
本来入ってきてはいけないオイルで洗われた結果だそうで・・プンッ

スプリング側から見るとこんな感じです。
スプリング側から見るとこんな感じ。
一本のカムで12本のスプリングを駆動します。

真上から見るとこんな感じ。
真上から見るとこんな感じ。
中央のくぼみにカムシャフトが通ります。

そのカムシャフトがこちら。
そのカムシャフトがこちら。
とてもいい状態を保っているそうで、このまま使用するそうです。

この日お邪魔した時は、E07Aの子孫、バモスのE07Zの作業をされていました。
社長アップ(笑)。
お忙しいところお邪魔して申し訳ありませんでした。

この先も、朱ビートのエンジンをよろしくお願いします<(_ _)>


同じカテゴリー(ビート)の記事画像
朱ビート、足回り詳細。
大型連休、青空の午後。
慣らし運転【完了!】
タイヤ選択、原点回帰。
バックランプLED化作業。
衝動買いの結果。
同じカテゴリー(ビート)の記事
 朱ビート、足回り詳細。 (2018-06-03 12:36)
 大型連休、青空の午後。 (2016-05-01 23:24)
 慣らし運転【完了!】 (2016-02-15 07:00)
 タイヤ選択、原点回帰。 (2016-01-31 07:00)
 バックランプLED化作業。 (2016-01-26 07:00)
 衝動買いの結果。 (2016-01-06 07:00)

Posted by 朱ビート@宮崎 at 17:55│Comments(0)ビート
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
朱ビート、Eg、O.H.【分解】。
    コメント(0)