2015年12月16日

朱ビート、Eg、O.H.【コンロッド取付】

エンジンを裏返しにして、押し込まれたピストンのコンロッドと、クランクシャフトを取り付けます。

ご覧のように、中央コンロッドはネジが取り付けられました。

ネジ止めする部分にオイルを塗ります。

ストロボの発光角度を間違えて、社長のおでこが素敵なことになっています赤面

固定のネジをクルクルクル・・。

全ての動作は、ゆっくり確実に・・といった感じです。

ネジ止めされました。

私の語彙が少なすぎて、毎回同じ事を言っていますが、
力を秘めたメカって、本当に美しいですよね。

最後の一カ所が取り付けられます。

120°を賄い合いながら、3つのピストンが毎分約10000回転します。
まんまバイクのフィールを四輪に受け継いだようなE07A、
ビート専用ユニットとして、まだまだ頑張ってもらわなきゃ、です。

まずは、指で六角ネジを回して留めます。

この作業の最初は必ず指でネジを締められています。

その次は、手の平サイズの六角ドライバーで。

身体全体で、締め付け量を決めている感じです。

そして最後は長めのラチェットレンチで仕上げです。

この時、社長が私に向いて一言、

「私、トルクレンチを使ったことがないんですよ。」

そうなんですね~。
当ブログを見てくれている方から、「トルクレンチを使わないのか!」といったクレームを恐れてのことなのか、
まぁ、絶対そんなことではないでしょうけどね(笑)。

作業を見ていると、右手を中心に、慎重にレンチで締め付ける様子です。
長年の”勘”がものを言う瞬間なのでしょう。

カバーを取り付けます。

クランクシャフトとコンロッドは、これで見納めです。

慎重にはめ込みます。

手前の丸い部分は、オイルエレメントを取り付けるところですが、
すぐ奥には、クランクシャフトとコンロッドが居たのですね。

おもむろにハンマーを取り出した社長、

柄の部分で、カン!カン!カン!と押し込んでいきます。

長いボルトにオイルをヌリヌリ・・。

固定用のボルトですね。

それぞれのネジを差し込んだあと、

例によって、手の平サイズのドライバーで締め込みます。

そして、長めのラチェットレンチで仕上げ締めです。

一本のネジを一気に締めるのではなく、全体的に少しずつ締め込んでいきます。
身体全体で、締め込む量を調節しながら、全てのネジを締め終わりました。
多分、右腕を中心にして、全身がセンサーのような感じなんでしょうね。

センサーで思い出しましたが、私がいつか乗りたいと思っていたスカイライン、
(あ、今売られている、ゲテモノ・ニセモノ・スカイラインもどきではないですよワーイ
の父、桜井眞一郎氏は、足回りのセッティングに、自らステアリングを握り、
「お尻のセンサー」と言われる感覚を頼りに煮詰めをいっていたそうです。
2011年にお亡くなりになっています。

話は随分逸れてしまいますが、私のスカイライン愛、お暇でしたらお付き合い下さい。
古い記事で申し訳ありません。
私的、スカイライン論
私的、スカイライン論2
私的、スカイライン論3
スカイライン史上最高のスカイライン、R34の記事、いつ書けるかなぁ・・。


同じカテゴリー(ビート)の記事画像
朱ビート、足回り詳細。
大型連休、青空の午後。
慣らし運転【完了!】
タイヤ選択、原点回帰。
バックランプLED化作業。
衝動買いの結果。
同じカテゴリー(ビート)の記事
 朱ビート、足回り詳細。 (2018-06-03 12:36)
 大型連休、青空の午後。 (2016-05-01 23:24)
 慣らし運転【完了!】 (2016-02-15 07:00)
 タイヤ選択、原点回帰。 (2016-01-31 07:00)
 バックランプLED化作業。 (2016-01-26 07:00)
 衝動買いの結果。 (2016-01-06 07:00)

Posted by 朱ビート@宮崎 at 23:25│Comments(0)ビート
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
朱ビート、Eg、O.H.【コンロッド取付】
    コメント(0)