2016年01月11日

電球切れは危険! YAMAHA BJ 12V30/30W R107

次男のスクーター、夜、家に帰り着く直前に、
ヘッドライトの下向き側が切れたということで交換します。

ただでさえ公道で目立ちにくい原付スクーター、
大変危険ですので、すぐにでも交換が必要です。

使うのはこの商品。

RAYBRIG(レイブリック)ハイパーバルブ 12V30/30W R107
ハロゲンクラスの明るさ感と輝き! だそうですスマイル

早速、作業開始。

赤丸の部分のネジを外します。


くるくるくる・・。

切り込みが太いので、少し大きめのピットを使った方がネジ山を潰すリスクが減ります。

裏側にも、外さなければ行けないネジが2カ所あります。

画像でお分かりになるでしょうか。
一分変わった形のネジ形状です。
これはトルクスネジと呼ばれる、特殊形状をしたもの。
一般的なプラス、あるいはマイナスドライバーでは回せませんので注意が必要です。

ということでこんなものが必要になります。

6つの星形をしたビットがセットになったドライバーです。

こいつを使って、くるくるくる・・。

自分で買っておいてナンですが、楕円になった握り手は使いづらいです。

はい、外れました。

次は、ヘッドライトを固定しているネジを外します。

丸の部分2箇所、向こうにもありますので、合計4箇所のネジを外します。

ココって、首の部分が下のカバーと干渉してなかなか外れにくいところです。

やっと取れました。

丸で囲った部分にバルブがあります。

防水カバーを取って、見えている金具を30°ほど回すとロックが外れます。

やっとバルブが見えました。
ただ、置いてある状態ですので、このまま簡単に取り出せます。

ということで、取り出すと、こんな状態。

ガラスの中は燃えたであろうフィラメントのススで真っ黒です。
この後は、取り外した要領で取り付けるだけですので画像は無しです。

一応、比較の為に撮影しました。
それぞれ、ハイビームで撮影しています。

交換前。 上半分、ススで全く光が通っていないことが分かります。

交換後。 当然ですが、全面に光が通って明るい明るい。

今回、初めてバイクのバルブを交換してみましたが、面倒ですが難しくはありませんでした。

クルマのそれみたいに、ハイワッテージバルブもあるようですから、
長男にはそれを着けてみたいと思います。

青白い光を放つ原付スクーター、いい感じかも知れませんねニコニコ


同じカテゴリー(ビート以外)の記事画像
宮大「淸花祭」で凄いものを発見した!
さようなら、小戸之橋 その2
さようなら、小戸之橋 その1
ストロボを使っておすましミクちゃん(^o^) その3
ストロボを使っておすましミクちゃん(^o^) その2
光と風のJantzen(ジャンセン)
同じカテゴリー(ビート以外)の記事
 宮大「淸花祭」で凄いものを発見した! (2013-11-17 20:00)
 さようなら、小戸之橋 その2 (2013-11-03 08:51)
 さようなら、小戸之橋 その1 (2013-11-01 20:00)
 ストロボを使っておすましミクちゃん(^o^) その3 (2013-10-16 19:00)
 ストロボを使っておすましミクちゃん(^o^) その2 (2013-10-09 20:00)
 光と風のJantzen(ジャンセン) (2013-10-01 02:26)

Posted by 朱ビート@宮崎 at 19:37│Comments(0)ビート以外
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
電球切れは危険! YAMAHA BJ 12V30/30W R107
    コメント(0)